2016-07-27

生徒さんの作品 7/14~7/17

北海道もふと気づくと夏。

今回は、オーストラリアから、毎年花くばりを習いに来ている生徒さんの作品もあります。
まずはその花くばり「水平面」から。

枝を編んで、ハート型に。形は偶然ですが、
翌週結婚式を控えていることが知らず知らず手の動きに出ているのかも・・・、

 

「葉を重ねて」。

椿の葉を100枚、拭いて重ねて、通して、そして花を活けます。

 

「お正月のデザイン」。

通常は12月にやるレッスンですが、毎年夏に来る彼女、
花くばりビギニング、最後のレッスンは夏のお正月になりました。
竹があると、それだけでお正月っぽくなりますね。

 

次は、マミフラワーデザイン資格取得コース、アドヴァンスの作品。
「多種多色の花」。

いろんな色を使うこのレッスンは、活け方の技術はもちろん、
自分の中の殻を外すレッスンでもあります。
持ち味の繊細さが生かされつつ、思い切った色を使えるようになりました。

 

花くばり「テーブルリース」。

ワイヤーでガーランドしつつ花を編んでいきます。
根気のいる作業。でも、これができるようになると、
結婚式の花冠もできる、ということです。

 

こちらはビギニング「ロココボケー」。

スパイラルで束ねるブーケ。
ブーケを自由に作れるようになるのは、みんなの憧れですね。
花選びも重要です。オダマキの実がアクセント。

 

そしてこちらは、ブーケを作るお母様の横で、
初めてアレンジメントを作った小学2年生の作品。

「花火祭り」というタイトル。花選びも配置も全部自分で!
情景が浮かぶ素敵な作品です。

 

もうおひとかた、ビギニングをこのレッスンで卒業する彼女は、
秋に結婚して本州に引っ越します。
最後の作品「ドライフラワーのリース」。

退職の送別にいただいたお花を、私が預かってドライにしておきまして、
それを使ってリース作品を作りました。
ビギニング、ラスト、丁寧に作り上げました。

 

そして、この週のgentle treeの花レッスン「グリーンのブーケ」。

グリーンの葉、花、実、穂などで作るブーケ。
美し横広がりです。

こちらも。

アイビーをかためて流れとボリュームを出しています。

 

最後は、こちらもgentle treeの花レッスン、「グリーンアレンジメント」。

自分の想像する森を作ってもらいました。

森と言っても、木がドウダンつつじですから、何とも爽やか。

お二人とも空気感のある涼やかなアレンジメントになりました。

 

そうこうしているうちに7月も後半。
夏本番です。