2016-11-21

花とひつじと音楽の宴、終わりました。

開催中の「旅のかけら展」にあわせて、

11日にミニコンサート&花活け、アイルランドを語る会を開催しました。

定員を上回る20名でちょっとキツキツでしたが、いろんな方が集まり交流し、賑やかに時間が過ぎていきました。

自分でも花活けをしていて写真を撮れずがっかりしていたら、

参加した方達から素敵な写真が届きましたので、いろんな方のを織り混ぜながらふりかえります。

アイリッシュミュージックを演奏してくれたのは、

星直樹さん(ギター、ブズーキ)、たまみさん(フィドル)。

事前のリハーサル日をもうけてくれて演奏。贅沢にも聴衆は私一人。

星さん、ギターとブズーキを操ります。

皆さん、演奏中は撮影を控えていて、

あるのはMCの写真だけですが、

息がぴったりなのが伝わりますね。

演奏にあわせての花活けは、

「花で絵を描く」ように、額縁の中に花をいけていきます。

最初はアイルランドのパッチワークの大地。

グリーンと小花たちが咲き、

曲にあるCliffs of Moherや、Rose in the heatherを描き、最後はFor Ireland I wouldn’t tell her nameという曲で夜空の星に願いをこめて。

この日のお料理はギネスシチュー、ポテト、

ソーダパン、そして皆さんの数々の差し入れ。

furu*furuさんの鍋シチュー大好評。

デザートにはカプセモンスターさんの「アイリッシュ」をご用意しました。

飲み物は、

ギネス。

ノンアルの方はこちら。

お客さまが、アイリッシュローズというカクテルを作ってくれました。

当日はしおりを用意。

あひるが撮った写真から何枚かを取り出してつくりました。

こちらは演奏プログラム。

抽選会もしました。商品は

アイルランドで仕入れたムートンて作った

ひつじ。

アイルランドをイメージしたブーケ。 

そして

星さんの新作CD。

途中、ひつじ部屋のかけら展をじっくり見てくれる方も。

参加された方が音楽でつながっていたり、

アイルランド談義をしていたり、お酒の話でもりあがったり、

楽しい夜を過ごしていただけたようで、

とても嬉しいです。

2年ほど前から夢見ていた、gentletreeでのアイリッシュミュージックの演奏、

たまみさん、ありがとうございました。

星さん、高校、大学の同級生だと判明してビックリでした!ありがとうございました。

スベシャルゲストとして、美しい歌声を披露してくれたかずみさん、ありがとうございました。

お料理担当のオハルさん、助っ人で素晴らしいギネスシチューをつくってくれたfuru*furuさん、ありがとうございました。

動画を撮ってくれた高橋さん、ありがとうございます、おまちしています。

アイルランドすべてのきっかけをくれたかなえちゃん、

ありがとう!!

演奏会&花活け、リクエストもあるので、またできてらよいなとおもっています。
またどなたかと一緒に楽しめたらと思います。