2018-08-20

8/19ガーデニング講座2

「トムは真夜中の庭で」

今年月1ペースで開催しているガーデニング講座、
8月が終わりました。
講座では、毎回、庭にまつわる主に児童文学を一冊、
私gentle優子セレクトでご紹介しています。
プリント一枚ごくごく簡単なものですが、
そこに印象的な一節も添えています。
この本では作者のあとがきからの抜粋をのせました。

この物語の舞台となる庭は、作者の祖父から続く広い庭園。
作者もそこで育ち、物語ではその庭を、庭の全てを、
いや「もっと多くのものをーみんなぶちこんだ」というのです。

庭での年月が物語を生み、育て、
時代を経て変わっていく庭そのものの変化が、
物語を文学に熟成させていったのです。

庭にはいろんな役目や意味や存在価値があって、
楽しかったり癒しだったりするのでしょうが、
時に、庭は創作の源でもあるのです。