2016-05-20

シメとの日々~Au revoir!Bon Voyage!Salut!

さよならからのはじまりです。

いつか、近々、ここでゆっくり、順をおって書こうと思っているうちに、
Salutはいってしまいました。

 

とある理由で(これもいつか書こうと思っているのですが)、シメ(という名の野鳥)が恋しくてならなくなった
gentle treeのあひるとひつじのもとに、
飛べなくなったシメがやってきました。

名前を「Salut(サリュ)」と名づけました。

 

image

 

庭のこぶしがつぼみをいっぱいつけた頃でした。

 

image

 

鳥かごを用意し、色を塗り直し、もちろんエサは小粒のひまわりの種。
準備万端整えてこちらは愛想をふりまくものの、
近づくとあっちとそっちを向いてぴょんぴょん跳ねる、全然なつかない子でした、野鳥ですもの。

image

ほら、撮れない。

 

image

無理やりアップ。くちばしでかむ力が尋常でなく強い。

 

しばらくして、夜、カゴの外を飛ばしてあげるようになりました。

image

小鳥の置物と一緒に。全然目に入ってなかったみたいですが。

 

長い距離は飛べないけれど、パタパタと楽しそうでした。
初日は飛ぶ方向や距離を考え考え頭をひねってそれから飛んでいましたが、
2日目、3日目・・・・と、ルートを覚え、お気に入りの場所ができ、
なんだかとても楽しそうでした。

 

image

特にお気に入りは、麻ひもを張ったところ。
ひもが揺れて不安定なのが、サーカスみたいで面白かったのか、
天井に映る自分の影を友達と思ったのか、
ここにくると短い距離をいったり来たりと戯れて、ずっと離れませんでした。

そんな日が数日続いた昨日の夕方、
サリュがカゴの中で血を吐いて座り込んでいるのを発見。
めったに鳴かないけれど、鳴くととてもかわいい声を数種類使い分けてさえずる子でした。
でもこのときは違って「ケッ、ケッ」ととても苦しそう。
すぐさまSalutを譲ってくれた動物病院へ駆け込みました。
時間外にもかかわらず対応してくださって、酸素室で様子を見ましょうとのことで
帰ったのですが、
夜中に息を引き取ったそうです。

あまりにも突然で、さびしい悲しいしか思い浮かぶ言葉がなく。

image

小さな英国アンティーク調の棺(お菓子の缶)に羊毛を敷き詰め、
私が子供の頃から家にあった古い古い懐かしい布きれをおくるみに、
病院に迎えに行ったときに添えていてくれたバラ・ミミエデンを傍らに飾りました。

 

別れ際、いつもはこちらを見ることなんてないのに、じっとこちらを見て
写真を撮らせてくれました。
このときはまだ、枝にしっかり(きっとなんとか)つかまって。

image

頑張ったね、Salut。

ありがとう。

 

いつか、どこかで、Salut!ってあいさつするね

image